大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

〇〇がシツコイ女は嫌われる

皆様、お久しぶりでございます。



タイトルの「〇〇がシツコイ女は嫌われる」。



〇〇がわかりますか?





恋愛コラムを読み漁るのが大好きなアタシ。





〇〇とは⁉️





こ・た・え・は…
















怒りがシツコイ女。












わかる!

男でもヤダ。

アタシはシツコイ男は嫌い。

ましては、過去の事を引っ張り出して

ネチネチ嫌味言う男なんか大嫌い。






でも、アタシ…

大好きな彼の嫁の声なんか聞いて辛かった。


バカみたいに呑気な声出して

彼に守られてる感を全開に出してる女。


彼も嫁も皆皆皆、全員死ねばいいのにって思った。



ちょっとやそっとじゃ許せなかった。



喧嘩の後、ホテルで愛の確認したけど

正直、「カラダで誤魔化された」と言う思いは

拭えなかった。




だから、翌々日に夜のデートをセッティングして

貰いました。





最近、買ったお気に入りの真っ赤なドレス。

めちゃくちゃ目立つけど気にしない。

彼はとっても気に入ったらしく何度も褒めてくれました。



美味しい魚介類を沢山食べて

高級な日本酒を色々試し飲みして。

2件目に行くバーのマスターや女の子達の

お土産にお寿司を買って貰って。


バーでは酔っちゃったから

短時間でホテルに。


部屋に入った途端、溜めてた不満を爆発させて

しまいました。



アタシ「ホントに嫌だった。

奥さんの声なんか聞きたくないよ‼️」


彼「ワザとじゃない。

操作を間違えただけだよ」


アタシ「ふざけんじゃないわよっ‼️

あんな惨めな思いしたの初めてよっ‼️」


睨み付けたアタシに


彼「は?誰に凄んでんの?

…もう帰ろう」


プライドの高い彼が逆ギレして帰ろうとした時、

アタシの思いが堰を切ったように溢れてしまいました。


大声で大号泣。


泣き過ぎて、過呼吸になって

息が出来なくなったアタシ。

カラダが冷たくなって死ぬかと思った。

彼は袋を渡してくれて心配そうに介抱してくれました。


「ゴメンよ」


その後の愛の確認は

案の定、酔っ払ってるから曖昧で💦



帰りのタクシーの中では

ずっと抱きしめてくれてキスばかりしてました。



午前3時に帰宅してからも彼とチャットして

「怒ってゴメンね」とお互い謝りました。



魔の三連休。


土曜日はゴルフで夜は飲み会。

心穏やかにいられました。


日曜日は終日、仕事があると言ってた彼。

朝「大好きだよ❤️

あの赤いドレスの写真何度も見ちゃう。

すごく可愛い」


アタシは赤いドレスを買う時、

試着してる写真を彼に送って感想を聞いたのでした。

その写真がとてもお気に入りみたいで。



お昼にも全く連絡は無く💦


15時頃「今日は一日中仕事。

まだまだ終わらない💦」と。


仕事中はアタシの事なんか忘れてるんだろうな😭

仕方ないけど。




19時頃「やっと終わりました。

もうヘトヘト💦

忙しくて目が回りそうだった」と。



ヨシヨシ。

ホントに忙しかったのね。

これで2日間、穏やかでいられたわ。



あと、1日…


最終日はお出かけでもするのかしら( ;∀;)



仕事が終わったアタシに彼からメッセ。


彼「帰ったかな❓」


アタシ「ただいま」

「明日はゆっくり休めそう?」←探りを入れた


彼「おかえり。


明日1人だから

行けるようならランチでもどう❓」





(;ω;)





1人じゃないと出られない、って事か…




休日に誘ってくれた事を喜ぶより

そっちが気になってしまうアタシ。


普通に「明日、ランチどう?」って言ってくれてたら


「えー❣️休日に誘ってくれたー❤️」


飛び上がって喜んでたのに( ;∀;)






アタシ「うん…

アタシは大丈夫」


彼「何時頃行ける❓😍」←何も気づいてない


アタシ「早番だから11:30〜12:00の間だと

思います」



モヤモヤしながらランチしても楽しくない。

はっきり言おう‼️



アタシ「1人だから外に出られるって所が

悲しくなっちゃった」

「ネガティブでゴメン」


彼「ゴメンね。

気が利かなかったね」


アタシ「ううん」


彼「俺はただただ

貴女に逢いたくて」


アタシ「1人じゃなくても出られる風に

装って欲しかったなぁ」


彼「ゴメンね」





謝まられると余計に悲しい(´;Д;`)




アタシ「いい加減

現実を受け入れないといけないのに💦」


彼「ううん」


アタシ「こんなアタシだけど

一緒にいたい」

「愛されたいって思ってゴメンね」


彼「俺も一緒にいたい」

「愛してる❤」

「いつも貴女の事を思ってる」


アタシ「お仕事忙しいと

アタシの事は覚えてないのかなって

思ったよ」


彼「逢いたいなぁと思いながら

仕事してるよ(笑)」

「今日、赤いドレスの写真何度も見ちゃった」


アタシ「不安にならないように愛を沢山伝えて」

「いっぱいくれてるけどもっと言葉が欲しい」


彼「沢山伝えるよ😍」

「愛してるから」




そして、ゴルフに仕事にと忙しかった彼を

労って早めに「おやすみ」とチャットを終えました。


翌日は個室のお寿司屋さんへランチに。

美味しい天ぷらとお刺身を頂きました。


そして、彼の隣に移動。

沢山キスをして、すっかり欲情してる彼。

アタシに触れる指がイヤラシイ(笑)


翌日はお部屋デートの予定だったのに

彼がお昼の4時間、外せない仕事が入ってしまい💦

午前中の2時間か、夕方の2時間のどちらかしか

会えなくなってしまいました( ;∀;)


2時間じゃ足りないよ😱





彼の嫁と子供はどこかに行ってたみたいだけど

さすがに夜は帰ってるだろうな😭

翌日は学校だもん。

夜、相手してもらえなかったらヤダなぁ。


傷つかないように

「チャット出来る時間があったら教えてね」

と心の準備😂

「大丈夫だよ👌」と彼。



仕事が終わって夜のチャット。

「明日、少ししか時間無いなら

余計寂しいから逢いたくない」

とお酒を飲んでゴネてみました(笑)


彼は謝ってくれて

「逢いたい」「愛してる」と根気強く

アタシを宥めすかしてくれました😅


どういう仕組みかわからないけど

約3時間くらいチャットしてくれました。







今日は約2時間の逢瀬。






しつこく怒る女は嫌われる






忘れっぽいのがアタシの取り柄。

アル中特有の認知とも言う(笑)



思い出すと胸が痛むけど

もう怒りは収まりました。



今日は2時間目一杯甘えて

彼をメロメロにしたいと思います。








最後までお読み下さいました皆様、

ホントにありがとうございました。

これからも「オモミ劇場」を宜しくお願い致します。





※前記事でお優しいコメントを下さった皆様

ありがとうございました。

ホントに救われました。

コメ返は後ほどさせて頂きます❤️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。