大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

運命と現実

彼とお付き合いする前に単なる興味本位で

「奥様はどんな方なの?」と聞いた事があります。




「別にただの普通の女ですよ」




彼はアタシの事をいつも

「貴女は特別で素敵な女性だよ」と言ってくれるのに。



まぁ、これから口説こうと思ってる時に

嫁を良く言う男性はいないだろうけど(笑)



紳士的な彼でさえ嫁をそんな風に言うんだ!と

驚いた記憶があります。




さて、我が家の夫ですが…

お付き合いをする前に猛烈なアタックがありまして。


アタシはお昼の仕事をしながら

かなりの借金があったのでお水のバイトをしてました。

その当時、流行っていたラウンジのナンバーワンでした。


夫はママの同級生で

「〇〇君の好きそうな子がはいったわよ」の誘いで

飲みに来た客でした。


アタシを一目で気に入ってくれ

団体で飲みに来ていたのにも関わらず

先輩達を先に帰して、1人残って飲んで行ったのです

変わった人だと思いましたが、

清潔感があり明るくて面白くて良い人だなと思いました。


ただ、アタシには同棲してる彼氏がいたので

全く対象外でしたが💦


その日から夫はアタシの出勤日に

毎回飲みに来るようになりました。


5回目くらいに携帯電話の番号をメモして

渡されました。

アタシの番号は聞かずに。

そこで好感が持てるようになりました。


それからもずっと夫は通ってくれて。

週に4回ほど飲みに来るのも経済的に大変じゃないかと

可哀想になり…

アタシは夫の携帯電話に連絡をしました。


そこから少しずつデートをするようになりました。


でも、一応お客さんだし

「彼氏がいます!」とは言いづらい…


やんわり断っても「付き合って下さい!」の一点張り。

断っても断っても夫は諦めませんでした。


ついに、あまりにもしつこくて断りきれず…

そのうち、彼氏にバレてしまい

アタシは同棲解消しました。


夫はアタシに新しいマンションを借りてくれて

家財道具も全部揃えてくれました。

そして、可能な限りお昼の仕事の送り迎え

夜の仕事の送り迎え。


夜の仕事の後、アタシがお風呂に入ってる間に

ベッドを整え、冬場なら湯たんぽの準備をして

布団を温めてくれて。

アタシに布団を掛けて電気を消して帰って行く日々。


毎月、家賃を払ってくれて

お小遣いをくれて食事代も出してくれました。


雨の日は傘を差してくれて

アタシの荷物を持ち、車のドアを開けてくれる。


「どうか下僕とお呼び下さい」とまで言われ(笑)


何百万もある借金も全て払ってくれて

「どうか結婚して下さい」と請われて結婚しました。



結婚してからは姑と同居する事になり…

一切家事もせず、男みたいにガサツな姑が

嫌でたまりませんでした。


女手一つで育ててくれた姑に夫は頭が上がらず、

何も言ってくれませんでした。


アタシから子供達を取り上げて

「子供は見てあげるから家事をしてて」と

産後間もなくこき使われて…

出血が二ヶ月続きました。


そこから夫婦の間に溝が出来てしまったように思います。


あんなに明るかった夫はアタシに良く思われたかっただけで

家では無口な人だったのです。





お付き合いしてる時は

アタシの顔色を伺い、欲しい物は何でも買ってくれました。

ブランド物のバッグや財布を何個買って貰ったかわからないくらい。

愛を囁き、いつもアタシを欲しがっている男。

いまではすっかりレスですが💦







アタシのブログをいつもお読み頂いている方には

おわかりかと思いますが

誰かさんに似てませんか?(笑)







前に彼に

「俺は貴女の『メッシー』『アッシー』『貢ぐ君』だから」

と言われ夫を思い浮かべて嫌な気持ちになりました。


彼も結婚したら夫の様になるのかしら?





彼はとても男である事にこだわり

男らしくありたいと思う人。


狩猟民族さながらに『追いかけたい』タイプの男性です。


昔、アタシの事をストーカーの様に追いかけて来た事もあります。

逃げれば逃げるほど追いかけて来る。

アタシは電話で泣きながら「諦めて下さい」と

お断りしました。

それが彼にとってトラウマになってるらしく…


でも、人間の本質は変わりません。


彼に『貴方だけを愛してる』と言うアタシは

本当の意味では彼の物ではない。



だからこそ、彼はアタシを大事にしてくれる。



前は彼と結婚してる嫁が羨ましくてたまらなかった。

彼も「貴女と再会するのを待てずに結婚した事を悔やんでる」と。

「でも、好きな人が出来たからって

家族を捨てる訳にはいかない」とも。




でも今は

「こんなに大切にしてくれるのは彼女だからじゃない?」

と思えるようになりました。




月に10回のデート。

ランチは毎回贅沢なものを頂いて。

ホテルも毎回一万くらい掛かる。

県外に遊びに行ってはプレゼントを買って貰って。

月に2回は夜飲みデート。

旅行に行ったら10万くらいはすぐに使ってしまう。

毎月、結構な金額を使わせちゃってる。


そして、毎日2時間近くチャットして。

デートは大体6時間ほど。

県外行く時は17時間は一緒にいてお酒を飲んで。


ビジネスマンの彼は

時間とお金を大切にしてる。

それをアタシに沢山使ってくれる。

アタシはそれをバロメーターにしてます。

お金も時間も掛けてくれなくなったら

愛が減ってしまったのかとやっぱり思うと思います。


お金使った女はなかなか手放せないって言うもの。

手放して欲しくないからお金も時間も使って貰う。

嫁には毎月化粧品のプレゼントなんかしないと思うから。






彼が普通の会社員で土日しか休みがない人だったら

お付き合い出来てない。

アタシは平日しか休みがないし。

薄給のアタシには

自由に出来るお金がない人ともやっていけない。




昔の彼は大学を出たばかりの新人会社員。

アタシは借金を背負った販売員。



上手く行く訳なかった。

全く好きじゃなく、追いかけ回されて

むしろ苦手だったし😅





こうして再会して愛し合える事になったのも

運命なのかも知れない。


運命と現実。


絡み合っていつまでも離れられなくなればいいのに。