大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

言葉の呪い〈後編〉

翌朝、彼から3:45からメッセ。

彼も眠れなかったのでしょうか?

アタシも眠れませんでした。


「おはよう」

「昨日は感情的になってゴメンね 」



アタシ「おはよう」

「アタシが怒らせてしまったから」



そこから既読スルー。







1時間後、待ちきれなくなったアタシから


「勝手だけど逢いたいよ」と。


彼「逢ってくれるの❓」





アタシは本気で別れを考えていて…


月に10回近くデートして

お泊りデートも2度も叶える事が出来た。


でも彼が、そんなにアタシと逢うのに無理をして

時間を作っているなら…

もう無理して欲しくない。

あんなに怒らせたくない。






潔く離れよう、そう思いました。






そんなアタシ達は逢う事になりました。



ちゃんと逢って別れるつもりで…






彼との待ち合わせにようやく間に合って

車に乗り込むと

別れる気、満々のアタシに気付いたらしく。

彼は泣きそうな顔でアタシの手を握りました。


車内はシンとしていて。

いつものホテルのスイートに。




お部屋でいきなりギューっとされて

彼「昨日は言い過ぎたよ。

ゴメンね」


アタシ「今まで無理させてゴメンなさい」



彼「俺の方こそゴメン。

貴女に逢う努力はしたいけど、それは無理してる訳じゃないんだ。

売言葉に買言葉なんだよ」

「別れるつもりなの?」



彼の悲しそうな顔を見て涙が溢れてしまいました。



アタシ「……うん」


彼「離れないでよ」

「こんなに好きなのに」


無理矢理キスされました。

顔を背けてもがっしり顔を押さえつけて

何度も何度もキスをする彼。


「抱きたいよ」

「今すぐ欲しい」と

深いキスをされました。

そして、本格的に愛撫を始める彼。



でも、体でうやむやにされたくない٩(//̀Д/́/)۶



アタシ「嫌だ。やめてよ!嫌い!」

彼を押しのけました。


彼「そんなに嫌なの?」

傷ついた顔の彼。


アタシ「貴方がそんなつもりで言ったんじゃないのは

わかってる!


でも、貴方が辛い時に「側にいたい」と言うアタシに

「いいよ」なんて言わないでよ!


いらないなんて言わないで!


拒否じゃん!

アタシの事、好きなら拒否しないで!


「ありがとう」「俺もだよ」でいいじゃん!


本気で貴方の家に押し掛けて行く訳じゃないのに!


それぐらい構わないじゃない!」



大号泣😭



彼「ゴメンね。

ありがとう、のつもりだったんだよ。

言葉足らずでゴメンね」

「気持ちはとても嬉しかったんだよ」

「いらない、なんて思う訳ないじゃない」

「今度から気をつけるから許してね」

「愛してる」

「大好きだよ」



アタシは泣きながらうんうんと頷く事しか出来ませんでした。



「貴女が欲しい」

「気持ちを確かめたい」



彼もとても不安そうでした。

ギュッと強く抱きしめられて…

まるでしがみついてくる大きな子供のようでした。




どうしても抱きたいと懇願する彼。

アタシも不安を消したくて

愛の確認をしました。

1つになれたアタシ達。

不安な気持ちは消えてました。







その後、お昼にアタシのお弁当を披露。

彼への最後の手料理なのかもと張り切りました💦



〈今日のお品書き〉

ゆで卵入りのミートローフ、オリジナルソース

スイートコーンのスープ

キノコとベーコンのバルサミコ酢のサラダ



料理をレンチンして並べてる途中でも

彼がフライングで食べようとするから

綺麗な写真がない( ;∀;)

ミートローフは美しい出来だったのに〜‼️

断面の写真がいまいち💢


ミートローフは冷めないと綺麗に切れないので

切らずに持参。

グローバル包丁持参で(笑)

手前味噌ですが美味しかったー🎵


ドレッシングもソースもスープも手作りしたけど

「美味しい❤️」と全てペロリ。


その後、ベッドでずーっとキスばかりして

唇もいつものように腫れました。


すぐに復活した彼にもう一度愛されて。





女の子の日にこんなに求めてくれる。

それは嫁にはしないと思うから…

ホントはそんな事で安心したくないけど💦






汗だくで耳鳴りがするとフラフラになってしまった彼。

昨日は眠れなかったと深く眠ってしまいました。

寝顔が愛おしくて、ずっと頭を撫でてました。




アタシは夫と冷蔵庫を買いに行くので

早めの解散。

シャンパンゴールドの冷蔵庫を買いました。




彼「逢ってくれて嬉しかったよ」

「ありがとう」



彼はまたも飲み会。




深夜の彼からのメッセ。



「ただいま」


「帰って来たよ」


「好きで死にそうだよ」


「おやすみ」




ありがとう。

アタシも好きで死にそうだよ。














今日は長編「オモミ劇場」でした。

最後までお読み下さいました奇特なお方、

ホントにありがとうございます。

読み返してみましたが、アタシってホントに

めんどくさくて重くてイカれてるなぁと(笑)

たった一言が許せずに大騒ぎしちゃいました。

週明けにも「オモミ劇場」。

新しいパターンが出来ました💦

それでは皆様のまたのお越しを心よりお待ちしております。