大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

根気よくゴネる

昨日はデートでした。

前日飲み会だった彼。

〇〇協会の理事に就任する会だったそうです。

彼は会の合間にラブメッセを送ってくれたのですが

主役なので当然頻度は少なく…

アタシは酔っていたので

「もう嫌い!明日は逢うのやめます!」とメッセを送って

寝落ちしてました🤣


朝、彼から「今日逢ってくれる?」とメッセが来て

珍しく素直に「逢いたいです」と返しました。


朝一で美容室で髪を切って来て

自転車を置きに家に帰ろうと

待ち合わせ場所を通り掛かったら既に彼の車が💦


彼に「注射に行こうよ」と誘われて

プラセンタとにんにく注射を打ちに行く事に。

一緒に病院に行くのは家族になったみたいで

何だか嬉しい❤️

彼は咳が酷いのでお薬を貰ってました。

その咳止めは便秘と眠気がひどくなるらしく…

下剤まで処方されて彼のテンションダダ下がりでした(笑)


それからランチは焼肉店へ。

8種類の前菜とサラダ、スンドゥブにカルビ。

2人で1つのご飯は分け合ったけど…

こんなに食べられるかい‼️

アタシは焼かないままのお肉をだいぶ残してしまいました💦

何故に焼肉屋さんはあんなにご飯の量が多いのか…

ダイエッターのアタシ達。

今度はご飯を半分にして2人でシェアしよう

と言う事になりました。


それから彼のお気に入りの和風ホテルへ向かいました。

何と『満室』。

ガッカリした彼は隣の系列のホテルに。

少し古いけど豪華な広いお部屋に彼はご機嫌♫

同じ系列なのでバブルバスもあって喜ぶ彼。


ソファでキスされそうになって

避けまくるアタシ。





実は移動中に彼が

先日、彼の会社の施設の車にぶつかりそうになった

介護タクシーが急ブレーキをかけて

乗客が怪我をした件の続きを話し始めて…

「うちに過失があるように警察が言って来たから

事故処理をやり直させたんだ。

うちに過失はない。俺は絶対に認めない」

すごく頑な彼の言葉。


「そんなに庇うのは、もしかして嫁が運転してたんじゃないか」と思い…

「その話はやめろーーーー‼️」と叫びそうになってました💢





アタシ「この前の件から立ち直れてない」


彼「どうしたの❓」


でも、理由は言いたくない。

面と向かってあからさまに嫉妬心むき出しに

出来ないアタシ。


彼に抱きついてギュッとされながら


アタシ「アタシの事好き❓」


彼「こんなに好きなのがまだわからない❓」


深いキスをされて抱きしめられ

「欲しくてたまらない」と囁かれ…

服を脱がされてあちこちにキスされて

いつもの様に流されてしまったアタシ。


ベッドで激しく求められて上になり下になり。

三面鏡の前に連れて行かれて後ろから愛されて…

どこを向いても繋がってるのが見えるのに彼が大興奮。

最近、彼は鏡がお好きなようです(ノ∀︎\*)キャ


「ヤバイくらい気持ち良かった。

まだあそこがジンジンして気持ちいい」

とシャワーの後も抱きしめられてキスをしてたら…


愛の確認の最中にはピタリと止まっていた彼の咳が

酷くなり

処方された薬を飲んだら笑っちゃうくらい

あっという間に爆睡した彼。

アタシを抱き枕にしてピッタリくっついて眠っていました。


その間もずっと事故の事を考えて鬱なアタシ。

約2時間ほど眠ってた彼。

「目が覚めて横に貴女がいるなんて…

こんな幸せはないよ」と沢山キスされて。

「もう少ししたら帰る準備しなきゃいけないね」

と彼に言われて寂しくてたまらなくなったアタシ。


次のデートは5日後の夜。

アタシ達にしてはとてつもなく遠い😭

2人で抱き合ってキスをしながらそんな話をしてたら。

何が何でも搾り取ってやる‼️(笑)と思い、

いやらしいキスをしてたら彼が復活して…

思惑通りに搾り取る事が出来ました(・ω・)bグッ


帰宅して夫と買い物に行き

晩御飯を作りながら、ぐびぐびお酒を飲み…

更に本格的に飲みだすと頭を擡げて来る鬱な気分。

どうにも我慢出来なくて彼にメッセしました。


アタシ「咳はどう?心配だよ」


彼「今は小康状態です」


アタシ「そう…」


「体調の心配もあるし…


この前のデートから

どうしても消えない不安に悩んでて…」


彼「消えない不安❓」


アタシ「愛されてるのか

わからない…」


彼「愛してるように思えない❓」


アタシ「って言うか、

貴方には沢山大切なものがあるのに

アタシが邪魔しちゃいけないんじゃないかなって」


「そんな風に思って辛くなっちゃった」


「だから愛されてるように思えないの」


彼「貴女が大切なんです」


アタシ「信じてもいいのかなぁ?」


彼「信じてよ」


「好きだよ」


「大好き❤」


アタシ「もっと沢山逢いたい」


「こんなに時間作って貰ってるのに

ワガママな事を考えちゃってる」


彼「俺ももっと逢いたいと思ってる」


「出来る限り時間作りたい」


アタシ「ありがとう」


「それだけでも愛されてると

思っていいのかな」


彼「愛してる」


「貴女の事、すごく愛してるんだよ」


「今日も逢った瞬間に

好きだなぁって思ったよ」





朝、彼の車に乗り込むと

彼がギュッと手を繋いでくれて。


じっとアタシを見て

「髪切って素敵になったね」

「その服も似合ってるなぁ。

何を着ても似合うね」と言ってくれました。


いつもアタシの事を褒めてくれる優しい彼。


少しは信じてあげてもいいのかしら?





19時から21時まで2時間。

彼が薬を飲んで眠くなるまで

アタシに付き合って、ずっとチャットしてくれました。


今日、彼はゴルフで夜は飲み会。

絡み酒はやめようね!←他人事(笑)










今日の「オモミ劇場」もかなり重かったですね💦

7時間デートした後に

更に2時間も根気よく付き合ってくれた彼さん。

体調も悪くて眠いのに可哀想でしたね(笑)



週末挟んで5日も会えないなんて

どう考えてもオモミには耐えられない( ;∀;)

彼さんの可哀想な週末が目に浮かぶようです(笑)

それではまた「オモミ劇場」でお会いしましょう。