大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

好きにならずにいられない

今日はお昼デートでした。


早く逢いたいと言う彼の希望で午前10:00に待ち合わせ。

時間にルーズなアタシ。

いつも5分遅れちゃう💦

ビジネスマンの彼は必ず10分前行動。

って事は15分は待ってくれてる( ;∀;)

いつも時間ぴったりに「ゆっくり来てね」とメッセが入る。

ゴメンなさい‼️

ホントにいい歳して恥ずかしい…


2回目に乗る彼の新車。

ダッシュボードに小さな靴の爪先の汚れが

沢山付いてるのを、いち早く見つける細かい女。

おそらく彼の小1の次女の靴の跡。


アタシ「あら、すごく汚れてるわね」


彼「ホントだね。後で拭かなきゃ」




アタシは不機嫌になってしまい

沈黙の車内。


彼は機嫌を取ってくれるけど

プイと窓の外ばかり見ていました。




けど、いくらなんでも

子供を絶対に車に乗せるな、なんて言える様な

立場じゃないのは重々承知の上です。



彼「ちょっと早いね。

何か欲しい物とか無い?

行きたい所とか」



発想の転換(・∀・)



アタシ「新しいサングラス欲しい」


彼「うんうん!

見に行こう❤️」とノリノリ。




カーナビで「メガネ」と入れたら

市内全ての眼鏡店が出て来て。


近くにあるお店を3軒回り、

「どれも似合うよ❤️」と優しい彼。

アタシの会社でも扱ってるNYのブランドのサングラスの新作を

買ってもらいました。

それで溜飲を下げるなんてホント、嫌な女。




その後「何が食べたい?」と聞いて来た彼。

「今、貧血気味なんじゃない?」

とアタシの身体を気遣って

「美味しいお肉食べようよ」と

いつもの海鮮焼きのお店に。

こちらはお肉も美味しいのです♫



やっぱりハマグリが好きな2人(笑)

彼がとても上手に美味しく焼いてくれて。

甲斐甲斐しくお世話してくれました❤️


お肉も美味しかったし大満足✨


それから海沿いの高級な和風ホテルへ向かう彼。



入ってみたら他の車が駐車中で…

空いてない( ̄▽ ̄)



なのに、諦め切れない彼が

もう一度入ったら入室出来ちゃいました💦



高級ラブホテルなので

一度に一室ずつしか入れないみたいで。



その間に「アタシ、女の子の日が酷いの」と伝えました。


彼は「わかってるよ」

「でもギュッとしたいんだ」




それはアタシだってそう( ;∀;)




彼に抱きしめてもらってる時しか安心出来ない💦




お部屋に入って

アタシは白い歯を守るべく歯磨きタイム。

どこへ行こうと歯磨き命(笑)



お仕事の電話を終えた彼の元に戻ったら

「プレゼントだよ🎁」と

『No count』と言う酵素サプリをプレゼントしてくれました。


アタシなんかじゃ買えないし💦


食べた事が無かった事にだなんて素敵✨


また、結果をレポします〜❤️





ギュッと抱き寄せられて

「貴女の身体も心配だけど…

ゴメン。

ずっと欲しかったよ。抱きたい」





深いキスに切なそうな彼の顔。

大好きな彼の香水。

アタシの首筋に顔を埋めて

深い深呼吸して。




「貴女をずっと欲しいと思ってた」




背骨が折れそうな程、抱きしめられて。




幸せでした。




この状態なのに

こんなに愛してくれてるなんて。





「ゴメンね。

貴女が欲しくて欲しくて

我慢出来なくて」


「次のデートが待ち切れない」



2日後ですけどね💦



お互いに逢いたくて死にそうで。



泣く泣くお別れの時間。



海沿いの道をぶっ飛ばしてたら



あれ?💦あれ?💦



アタシの小さなバッグに

大きなiPhoneが見当たらない( ;∀;)



アタシ「iPhoneお部屋に忘れちゃいました💦」


彼「了解」


すぐに車で検索して電話してくれて…

取りに戻ってくれました。


彼「少しでも貴女といられる時間が

長くなって幸せだなぁ」


その言葉に泣きそうになって( ;∀;)




今日も飲み会の彼←多過ぎじゃね?(笑)




さっき彼からの「もう逢いたい」のメッセに

涙が出ました( ;∀;)

別れて、まだ3時間。

もう3時間。





「逢いたい」って毎日毎日

お互い言い過ぎやわ💦