大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

鈍感な親方とデリケートな女将

昨日、ベッドでくっついてる時にやってたワイドショー。

大砂嵐の事故の話題。


アタシ「外国人の妊婦の奥さんに慣れない土地で

運転なんかさせないでしょ」


彼「いや、力士は運転しちゃいけないんだよ。

絶対にそれは守ると思うなぁ。

奥さんが運転したと思う」



この時はこの話はすぐにやめて

抱き合う事に専念しました。



今朝「おはよう」の後


彼「大砂嵐…自分で運転してたみたいだね」


「御見逸れしました」


「こりゃクビだね💦」


アタシ「クビだね💦

自分で運転してたから

報告も遅かったんだろうねー」


彼「まさかねー。

舐めきってるね」


アタシ「エジプト人がどれだけ

角界のしきたりを理解してるか

謎だよね😅」





ここからアタシのお昼の休憩時間のやり取り。





彼「外国人と言えどもやっぱり若くして各界に入るから

事の重大さがわからなかったんだろうね」


「ある意味親方の責任だよね」


アタシ「親方業も大変だね💦


貴方もある意味

親方みたいなものだもんね。

大変だよね」



彼の経営する医療系の施設の

いわゆるセンセイはまだ27歳の男子。

施術は出来るけど、頼りなくてちょっとチャラいので

いつも彼は檄を飛ばしているのです。



彼「〇〇(センセイの名前)富士が

何かしでかさないか見張らないとね(笑)」


アタシ「ホントだね(笑)

親方頑張ってね」


彼「ありがとう女将さん(笑)」






アタシ、女将さんじゃないじゃん( ;∀;)


ちゃんと〇〇センセイ公認の

ホンモノの女将さんがいるのに…



ひどい‼️

デリカシーなさ過ぎじゃ‼️







アタシ「アタシは秘書ですから」


彼「そうでした!

出来る美人秘書でした🎵」






ガーン‼️←表現が昭和(笑)






アタシの頭の中では


「そうでした!

俺の嫁じゃないから女将さんじゃなかった!

赤の他人の秘書でした♫」



こんな変換がなされてました( ;∀;)






ヒドイよーーーーー‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎






そこから夕方の休憩時間にも

メッセが来たけど未読スルーしてます。














鈍感な親方を一本背負いでぶん投げてやりたい。

あ、でもデブだからなぁ。

無理だなぁ…




くそー💢

ちょっとディスったくらいじゃ

全然スッキリしねぇ( ;∀;)




今夜も酒飲んで絡んでやろうかしら?