大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

安定の超不安定

前日「明日は今日よりももっと好きだよ」と彼。


翌日は彼から

「おはよう」

「今日は昨日よりも大好きだよ❤️」

と休日のフォローメッセが。


お昼の休憩にお休み中の彼の事が気になり、

よせばいいのにカップルアプリで彼の現在地を確かめてしまいました。


そしたら、隣の市にいると( ;∀;)




嫁の実家を知らないアタシ。


実家に行った?


ランチしにお出かけ?




色々な事を想像してパニックになり

ついには気分が悪くなってフラフラになってしまいました。


その地域は町おこしに「オムライス」を掲げており

色々なお店で食べる事が出来るのです。


今日のアタシの休日。

彼はとても忙しく…

アタシの為に10時〜14時に逢瀬の為の時間を取ってくれたので

時間の節約の為にアタシがお弁当を作って行く事になっています。


彼のリクエストは

「オムライス」と「唐揚げ」。


前日に「オムライスは食べちゃダメだよ」と念押ししたのに…


「オムライス」推しの地域にお昼時にいる彼。


お子さんが

どうしても食べたいって言ったのかなぁ( ;∀;)



泣きそうになってたら

「休憩に入ったかな?😘」と彼からのメッセ。


速攻で「お出かけしてるの?」と返したら


「ちょっと買い物に行ってました」

「もう帰って来てるよー」と呑気な返事。



かなりショックでした。

隣の市まで、ご家族で買い物して

ランチして帰って来たんだと思うと

涙が出て来て…



既読スルーしてると


「早く逢いたい」と。


更に数分後


「買い物は1人で行ってたんだよ💦」と。



それ、ホント?




心の中はぐちゃぐちゃで。




午後の休憩時間にも既読にせずに、

早番だったアタシは普段より2時間早く帰宅しました。

雨だったので送り迎えは夫の車。

仲良く買い物も一緒にして…

彼の事を強く責められないと思いながら。


帰って晩ご飯の支度をしながら

彼とやり取り。


やっぱり彼に寂しさを訴えてしまいました。

ご家族と買い物したのを想像してしまった、と。



彼「説明不足だったね。

仕事でお付き合いのある〇〇というショップに

1人で文具を買いに行ってたんだよ」



お酒をガブガブ飲みながらのやり取り。

その後は愛の言葉の応酬してたのに

酩酊して来たアタシ。



アタシ「なかなかテンション上がらない」


「三連休のダメージが強くて」


「こんなアタシは

婚外恋愛向いてないね」


彼「三連休はほとんど1人だったよ」


「向き不向きなんてないと思う」


アタシ「今のアタシは

嫉妬深くて

疑り深い」


彼「向き不向きで好きになったりしないよ」


アタシ「貴方は前から言うよね」


「好きになる、ならないではなく」


「継続するのに

向いてるか

向いてないかと言う話なの」


「好きでも諦めるしかない事も

あるでしょう?」


彼「貴女の事は諦めたくない」


アタシ「ずっとお付き合いを続ける事が

出来る性格の人もいれば

そうじゃない人もいます」


彼「もう別れるって事❓」


アタシ「過剰に嫉妬されると

貴方にとって負担なんじゃないかと

申し訳ない気持ち」


彼「それだけ思ってくれてるんだと思ってる」


アタシ「苦しいよ」

「嫉妬なんかしたくない」


彼「嫉妬してもいい」

側にいて欲しい」


メソメソ泣きながらも

彼と食べるお弁当の為に下ごしらえするアタシ。



「別れたい」

「別れたくない」


「逢いたい」

「逢いたくない」


をずっと繰り返し。

彼は根気強くそれに付き合ってくれて。


アタシ「泣いてばっかりで

涙が枯れ果てそうだよ」


彼「ゴメンね。

逢って貴女の不安を取り除いて

幸せな気持ちを取り戻すよ」


アタシ「嫉妬ばっかりしたくない。

アタシだけを見て欲しい」


彼「貴女しか見てない。

嫉妬なんかさせないようにする」


アタシ「もうヤダ!

ホントに

別れたいとしか思えない」


「二度と顔を見るのも嫌」


「触られるのも嫌」


彼「急にどうしたの❓

なんでそんな事言うの(涙)」




あはは🤣

酔ってるからだよー



もうわけわかんないくらい酔って

号泣しながらのやり取り。



最終的に「愛してる」「おやすみなさい」

と着地点を見つけられたけど

19時から23時まで約4時間ほど

ゴネてゴネてゴネまくりました😅


夫や子供の前でまあまあの大泣き💦

日頃から喜怒哀楽が激しいアタシは

テレビ見ててもすぐに泣くので

家族揃って「また泣いてる」と気にも掛けない(笑)





今日は10時から14時までの時短デート。

お部屋で食べるオムライスと唐揚げを早く作りたいのに

休日の夫が遊びに出かけるまで作れない💦

やっと9時に出かけた夫。


今朝は洗濯機を2回回して、干して。

朝食と子供のお弁当を作り送り出して。

ゴミ出しして。


オムライスと唐揚げ作って

メイクして着替える!


大忙しでヘトヘト🌀



今日もダイエットの為に

玄米ともち麦を昨日から水に浸しておいたのに

蒟蒻米を混ぜて圧力鍋で炊いて。

糖質とカロリーハーフのケチャップで

オムライスを作りました。


昨夜仕込んでおいたカレー味の鶏肉を

グルテンフリーの粉で揚げました。



少し遅刻したので

高いヒールなのに走って彼の車に乗り込みました💦



昨日、悪態を吐き過ぎて気まずいアタシ😅

彼はそんなアタシの手を取ってギュッと握ると

「手…冷たいね」

とにっこり笑ってくれました。

車を走らせながら

ふいに彼が「大好きだよ」と真剣に言うものだから

思わず涙がポロポロと溢れ落ちてしまいました。


時短デートなので近くのホテルへ。

いつも利用するホテルと同系列のホテルですが

狭いので彼は好きじゃないみたいです💦


部屋に入るなり

ギューっと抱きしめられてキス。

ベッドに腰掛けるも速攻で押し倒されました。


女の子の日のアタシ。

それを伝えましたが


「欲しいんだ。

貴女の事愛したい。

我慢出来ないよ」


そんな事言われたら断れる訳がありません。



ベッドを汚さない様にして愛の確認。


この前からアタシと彼の快感ポイントを

シンクロさせる事が出来るようになって…

同じ所ですごく良くなる様になりました。


彼は果てた後、アタシをずっと強く抱きしめたまま

深い深いキス。


好きな人と分かち合う快感は

更なる愛を生むんだなぁと感動してしまいました。





シャワーを浴びた後ライトを明るくしたら

テーブルクロスを引いてセッティングして

ランチタイム。


急いでいたのでスープもサラダもなくて

申し訳なかったけど

彼はとても美味しいと沢山食べてくれました。


お腹を空かせていた彼が

慌てて食べたので写真は無し(笑)


そして、またベッドに戻って

キスをする合間にテレビを見てました。

テレビでは成人式の話題から新成人が生まれた年に流行ったものを紹介していて。


アタシ達も20年前の話に…


アタシはその頃、しつこく迫って来る彼を

コテンパンにふりました。

彼はトラウマになってるらしく…


彼「あんなフラれ方しちゃったから

街で会っても知らないフリしただろうなぁ。

しつこく追いかけ回したから

ストーカーと思われたらヤダし」


アタシ「そんな風に思わないよー」



でも、実際ホントに彼はしつこくて

アタシは泣いて「諦めて下さい」と言った苦い記憶が(笑)



彼「貴女は俺の憧れの女の象徴なんだ」

「悪い意味じゃなく貴女を見返してやろう、と

頑張って来たんだよ」

「今の俺があるのは貴女のおかげだね」




何故あの時…と悔やんでも悔やみ切れない。


悔やんだ所で過ぎ去った時は戻らない。





「二度と離さないよ。ずっと一緒にいてね」


彼の言葉にまた涙がポロポロ…



ギューっと抱きしめられて深いキスをしていると

彼に求められて2回戦目に突入(//∇//)






女の子の日の嫁に

果たして2回も求めるかしら?


絶対無い!


くだらない事が頭をよぎり情け無くなりました💦




「2回も求めてゴメンね。

でも、貴女が欲しくて

どうしても我慢出来ないよ」


彼の言葉に救われた思いでした。







時間いっぱい愛し合って

最後は笑顔で手を振る事が出来ました。










落ち込んでも落ち込んでも

彼の愛の言葉で

起き上がる『起き上がりこぼし』の様なアタシ。

どうか見捨てないで〜💦









今からGWに怯えてるアタシ( ;∀;)

日本から連休を無くす署名活動でもしようかしら?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。