大スキで大キライ

既婚者同士の恋愛。
辛くて苦しいけど逢いたくて…
毎日、大スキと大キライの間で揺れ動いてます。

もっともっと愛して欲しいんだって

今日は土曜日。

彼は「仕事するかも。しないかも」だと。


お昼に「休憩かな❓」とメッセくれて

クリスマスデートの夜のお店選びしてて。


彼に「普段行けない様な高いお店探そうよ」と言われたら

リクエストしにくいわっ‼️(笑)



夜のアタシの仕事終わりの直前に


彼「大好きだよ😍

早く逢いたいなぁ。

もうたまらなくなってるよ」とメッセが。


アタシ「アタシの事

思い出してもらえて嬉しい❤️」

「ただいま」


彼「寒くなったね。

温めてあげたい。

ぺったりくっつきたい」


アタシ「デートの日は

1日1日が貴重で、とっても大切で

あっという間に終わっちゃう」

「今年はあと5回のデートで終わり」


彼「もうそれだけ?」


アタシ「次のデートは何時に逢える?」


彼「仕事の状況によるかも?

ゴメンね」


アタシ「平日に時間作ってもらえるのは

感謝感謝です」

「アタシも会社員で土日しか休めなかったら

アタシ達は終わりでした」


彼「それはそれで

何としても時間作るよ」


アタシ「ありがとう❤️

優しいね」

「貴方を好きになって良かった❤️」


彼「好きだよ❤️

大好き❤」


アタシ「毎日毎日

飽きるくらい貴方の事、想ってます」


彼「幸せです😍」


アタシ「今日のメッセ嬉しかった」

「逢いたいって

たまらないって」


「ありがとう❤️

しばらく

これで生きていきます」


彼「本音だよ😍」


アタシ「週末は貴方の事を忘れようと思ってたのに

またまた大好きになってしまいました」


彼「もっともっと好きになって❤️」


アタシ「迷惑なんじゃないかとやっぱり思ってしまって…

でもなかなか止められない」


彼「迷惑なんかじゃない。

めっちゃ嬉しいよ😍」


アタシ「アタシも貴方の気持ち嬉しい❤️

同じように思ってもいいのかな?」


彼「思ってよ。

愛してる💕」



そこから打診すると

珍しく、眠くないらしく。


年末最後のデートにお弁当作る宣言。



アタシの中のメニューは。






皆に大人気のサラダ巻き。

唐揚げやエビフライの揚げ物。

お雑煮。

大嫌いが大好物になるくらい人気の数の子。





と思ってたけど

数の子に合うのは日本酒。


彼が近場のホテルにタクシーで来て。

しっぽり、数の子と日本酒を飲むのを夢見てたのに。



「うーん…

一杯なら付き合うよ」




なんなし!なんなし!なんなし!




嫌なら良いっ!

お前なんか死ねっ!

アタシの家族なんか数の子大好きなんだからな!




アタシが数の子好きだから

夫は毎年1.5キロぐらい買ってくれます。

それを彼に流用するのも…ねぇ?











いつもの素敵なバーに

数の子持ち込んで彼と食べようかな。









あ、ちなみに彼は通風です(笑)

薬で抑えれるみたい。





通風なんか知るかい!

いつか機会があれば

数の子と日本酒でラブラブするもん!❤️